Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]
アメリカ古着のTシャツをネットショップで好評販売中!

ヤフオク、メルカリ、ラクマ結局どれが一番いい?継続して稼げる通販サイトはどこ?

ヤフオク、メルカリ、ラクマ結局どれが一番いい?継続して稼げる通販サイトはどこ?

「ヤフオク.ラクマ,メルカリ,アルゴ,ブログ,」などのワードの散らばった宇宙の図

こんにちは。ヤフオクで2000件位の評価を得ているマーベラス・ディールです。

 

2000件というのは全てのIDを合わせるとですね。

 

さて、ネットで商品を販売する時やはりだれもが検討するのがヤフオクとかメルカリラクマのようなインターネットオークション、フリマアプリ(通販サイト)ですよね。何故なら手軽だからです。

この記事を検索して開いた皆さんも「ヤフオクとかメルカリとか色々あるけど結局どれでやるのが一番いいの?」とか「始めようと思うけどどれでネット販売を開始すればいいかわからない。」というような疑問があるわけですよね。僕も昔ありました。結論は全部やったほうがいいという結論でした。しかし今は少し状況が変わって来ています。

 

それではどのサービスを使うのが一番良いのでしょうか。

 

ちなみにヤフオクはプレミアム会員費が対象者であれば6ヶ月無料キャンペーン中です。(ヤフオク出品無料を参照のこと。)

 

ヤフオク通販、メルカリ通販、ラクマ通販の特徴

 

まずはじめにヤフオクメルカリラクマには大きく二つにわけられます。誰でもわかることですが念のため言っておけばヤフオクはその名の通りインターネットオークション。メルカリとラクマはスマホのフリマアプリということですね。この二つでどう違うのでしょうか。

 

インターネットオークションの特徴は開始価格から値段が上がることがあるということです。値段が上がった場合は想定した価格より遥かに高く売れることもあります。しかし1円スタートした場合などは1円で売れてしまうこともあります。僕は昔は1円スタートを結構やっていましたが1円落札でも50円の手数料を取るというヤフオクのアホな変更でやめてしまいました。ヤフオクはずっと迷走中です。目先の利益に走って失敗ばかりしていますね。おかげで割りを食うのは出品者です。

それはさておきオークションだとどうなるのかというと基本的に即決前提じゃないということです。つまり注文即購入ではないということですね。オークションの場合注文が入札にあたり落札した時点で購入できることになります。一方フリマアプリは開始価格などのようなものはなくそのままの価格で購入します。ただしフリマアプリ側の思惑とはことなり結局はヤフオクユーザーが流れてきただけなのでコメントしてからじゃないと買えないという意味の分からないローカル・ルールが出来ていますが。推測ですがこのローカル・ルールをやってるのは元ヤフオクユーザーだと思います。

この二つの違いでどういう差がでるかというと売れるまでの時間が変わってきます。インターネットオークションの場合早く手に入れたいという需要に応えられない可能性があります。一方でオークションの場合値段さえ釣り上げれば絶対に欲しいものは入手できる可能性が高いです。また思わぬ掘り出しものがある可能性もあります。これが2種類のサービスの大きな違いです。

 

ヤフオク

(出典:ヤフオク

 

日本最大のオークションがヤフオクです。モバオクなどもありますがヤフオクとは規模が違いすぎて比較になりません。また昔は楽天も楽天オークションをやっていましたが撤退しました。

ヤフオクをやってきて思うのは落札者の方が大人で丁寧な方が多いです。モバオクはというと若い方が多く軽いノリのイメージです。僕はどちらでもいいですが真面目な方はヤフオクの方が向いている気がしますね。(注モバオクは辞めました)

出品時の月額利用料

 

プレミアム会員費   498円

落札システム利用料(フリマ出品の場合) プレミアム会員の場合落札価格の 8.64% (税込)プレミアム会員以外 落札価格の 10.0% (税込)

 

落札システム利用料(オークション出品の場合) 落札価格の 8.64% (税込)

 

またこれ以外に利用は自由ですがオプション利用料がかかります。

フリマ出品出する場合はプレミアム会員でなくてもいいわけですがその分手数料が高くなります。またオプションにも利用料がかかりますがこれも最近の変更でネックになっています。これについては後で説明します。

ヤフオクの場合もともとネットなのでブログなどにも簡単にリンクを貼ることが出来ます。これが実は結構ポイントになります。

ヤフオクはユーザー数は多く市場として一定の魅力があるようには思います。しかしここ最近の検索アルゴリズムの変更でヤフオクは多くの人にとって全く使えない市場になっていまいました。

Marvelous Deal(ヤフオク)

メルカリ

メルカリのヘッダー画像(出典:メルカリ

 

月額利用料  無料

販売手数料  10%

さらに売上金を振り込む際に1万円未満だと210円かかる。

 

人気のあるメルカリですがスマホアプリとして始まったためか出品リストをリンクで貼ることが出来ません。(外部リンクが貼れるように変更されました⇒メルカリ外部リンク)商品ごとだとこのように貼れますがブログで紹介していくとなると不十分ですね。しかもそのリンクをクリックしたとしてもログインしていなければ見ることが出来ません。ログインしていても他人の商品ページは見られないのかは不明です。

メルカリの特徴はやはりユーザー数の多さです。出品したらたいていすぐにいいねが付きますしまあまあ売れます。ただしここが難点なのですが売れるのは出品直後に限ります。一定期間すぎると全く売れません。メルカリ自体がツールを使っての再出品を禁止していますから売り続けるためには新規出品をし続けないといけないことになります。全くアホなアルゴリズムです。これに関しては関連記事を参照にして下さい。(売れないメルカリ

メルカリははじめたばかりは「めっちゃ売れるじゃん」とかおもうかもしれませんが上記のアホなアルゴリズムのせいで新規出品者ばかりが目立つようになっているだけです。

これから通販を始めるならまずはメルカリ以外から始めるのがおすすめです。継続すればするほど優良な在庫が滞留品と化していくことはわかりますね。ただ、メルカリに出品して完全放置しておけば在庫は効率化されます。アルゴリズムのせいで放置だとあまり売れませんがたまに売れます笑

在庫を共通化して少しでもチャンスを増やしたい方はメルカリに登録しておいても良いでしょう。

 

ラクマ(フリルと統合

新ラクマのヘッダー画像ラクマ

ラクマはフリルと統合しました。これからフリマアプリで検討する場合はラクマに登録してください。ただし旧フリルになります。

 

意味がわかりませんね。ともかくフリルから登録すれば(新)ラクマに登録されます。

月額利用料 無料

販売手数料 無料

売上金の振込手数料:10,000円未満 210円  10,000円以上 無料

無料づくしですね。出品者としてはこれ以上のシステムはありません。購入の場合コンビニ払いなどで手数料が100円かかる場合があります。

(この記事を書いた後ラクマは有料化されました。詳しくは新ラクマ手数料へ)

 

良いことづくめのラクマですが唯一の難点として集客力が全く無いことがあります。唯一にして全てという感じですが。というわけでメルカリと比べると旧ラクマは過疎っていて全く使い道はないという感じでした。フリルには最近移行したのでわかりませんがメルカリとそう変わらないと思います。なので新ラクマがフリルのユーザーをどれだけ引き継げるのかが鍵だと思います。

 

メルカリとの最大の違いは出品リストリンクで貼れることです。(メルカリでも外部リンクが可能に)これが決定的でこれから使うならラクマと言い切れる理由でもあります。メルカリのリンクはブラウザのプライベートウィンドウで開くとログインしていないと見れないようになっていましたがラクマの場合は見れます。これが決定的に重要なのです。

この違いのおかげでメルカリとラクマは全く違う道を歩もうとしています。メルカリはクローズドなシステムです。他方ラクマはオープンなシステムだということです。最終的に常に勝利を収めてきたのはオープンなシステムの方です。オープンなシステムというのは無料で誰でも使えるシステムということです。ラクマの場合ゲスト購入できればほぼ完全にオープンなシステムだと言えますね。

はじめはパクリにしか見えなかったラクマですがメルカリの戦略の逆を行くことによってオリジナルになっていることは疑いのないことでしょう。これからどれかのサービスを始めるならラクマをおすすめします。

ヤフオク通販、メルカリ通販、ラクマ通販のどれも一般ユーザーには難しくなっている

 

フリマアプリなら相対的に見ればこれからやるならラクマがいいだろうとは言えます。しかしそのラクマもシステムはほぼメルカリに似せて作ったものでしょう。結局アルゴは同じです。新規出品しなければ全く目立ちません。これは売れる売れないにかかわらず新しく仕入れたものだけ全面に出して後は倉庫に近い隅っこに陳列するようなもので小売業経験者なら絶対にやらないようなアルゴです。

このアホなアルゴの変更というのはオークションやアプリをやるなら常に付きまとうリスクです。最近僕も痛感しました。結局サービス内部のアルゴや仕組みの変更に左右されるビジネスであってはならないのです。このブログを始めたのもそれが一つの理由です。結局は検索ユーザーに対する集客以外に普遍的なものはないのだと気づいたわけです。

 

新規出品しないと目立たないということを考えてみて下さい。一旦出品して売れなかったら最後、手動で目立たない程度再出品しなければ全く売れなくなしまうということです。ということは不用品を出来るだけ高く売りたいという場合には向かないということです。すぐに売れるような価格にしないとなりません。普通に考えれば時間がかかってもいいけどなるべく高く売りたいというニーズがありますよね。しかしそれは出来ないようになっています。これは特にフリマアプリに言えることです。小売の素人が作った仕組みなのでしょう。(僕は小売業界経験者です)

 

さらに悪い事にこのようなアルゴがヤフオクにも取り入れられているのは明らかです。結果としてヤフオクで入札が入ってるのは明らかに相場がわかってるものや1円スタートした新品ばかりになってしまいました。新品のほうが回転率は高いので当然ですよね。以前は中古品も結構売れていたのです。この変更に気づいていない方が多いと思いますがいつのまにか売れなくなったり、欲しい商品がなくなったせいでヤフオクをやめている人は続出していると思います。その結果が6ヶ月無料でしょう。会員数が減ってなければわざわざこんなことはしないと思います。

さらにヤフオクでは一つ大きな仕様の変更がありました。次の箇所を読んでみて下さい。

 

注目オークションの規定(出典:ヤフオク)

 

ここに書いているように広告費を払っても表示されるかわからないという意味不明な仕組みになってしまいました。

 

ここでわかるのはヤフオクは誰でもい使いやすいシステムではなく一部の商品を売るために広告費を積極投入できる人のためだけの仕組みになったということです。はっきりいって迷走しすぎですね。これなら一般ユーザーが逃げ出すのも無理はありません。このまま行けば過疎化は止まらないでしょう。

ヤフオクはシステム内部に囲い込んだ熱心なユーザーに大きく課金することで儲けようとしています。しかしその一方で軽視する一般ユーザーからも月額利用料をとろうというのだからうまくいくはずはありません。この状況は今後修正される可能性がありますが、今現在一般ユーザーにとってヤフオクが使えないものになっているのは事実です。必ず無料出品で利用するようにしましょう。

通販で売るためにメディアが必要になってきている

 

すでに言ったようにインターネットオークション、フリマアプリともに出品者の立場から言えば非効率なアルゴリズムになっています。売れ筋商品を新商品が入ったからといって裏に下げる小売業者はいませんよね。しかしそのような仕様になってしまっています。その結果どうなるかはラクマが良い理由に書きました。しかしラクマも結局は同じアルゴなのです。それでも何故ラクマがいいのかというとラクマはオープンなシステムでリンクを自由に貼れるからなのです。

サービスごとの検索アルゴリズムにしたがうならそれぞれのサービスの優劣(集客力)は関係あります。しかし検索ユーザーに診てもらうようにしたなら?

タイダイに象のTシャツ

 

この画像にはリンクが埋め込まれています。どこだかわかりませんよね。分からないリンクをうっかり開いてはいけません。まあ僕のブログはもちろん大丈夫です。ちなみにリンクはラクマです。

 

このようにWEBから集客するようにすれば新規に出品されたかどうかは関係ありません、気にいった方が買っていくだけです。こうすることでヤフオク内部の、メルカリ内部の、ラクマ内部の検索アルゴリズムとは無関係になるわけですね。このブログはまだ始めたばかりですがすでにLGA771 to LGA775改造シールはブログの読者の方にお買上げいただいているようです。(いつもありがとうございます)

メルカリが外からリンクさせないようにしているのは仕様上出来ないわけではないでしょう。以前はPCのブラウザからは見れませんでしたが今は見れるようになっています。そのPCページのリンクも貼れないのは意図してやっているのだと見るべきです。おそらくアプリ利用者を囲い込んで最終的にさらになんらかの課金をしようと考えているんだと思います。

リンクを貼れないため出品者からするとメルカリはメルカリの仕組みの範囲内でしか使えないサービスです。しかしラクマの場合はリンクが貼れるため外から集客できるサービスになっているということです。(外部リンクが貼れるように変更されました⇒メルカリ外部リンク

Heavenly Hand(ラクマ)

するとどうなるでしょうか。まず第一にラクマの集客力の低さは個人が補うことが出来ます。そしてそのことが決定的に重要なのです。

 

個人が外から集客し始めるとラクマをやっていない検索ユーザーが無限になだれ込んできます。僕のようにラクマを頼ることなくブログで紹介しようと思う人が増えれば増えるほどラクマの利用人数は無限に増え続けるのです。メルカリはというとメルカリをやっている人以外見ることは出来ません。僕のページのリンクからラクマに行った方は別の出品者のTシャツを買う場合もあるでしょう。しかしそれはお互い様です。ブログで紹介することによってどんどん増え続けるユーザーがラクマからでも自分のブログでもなく他人のブログから来て購入してくれるならそれは結局アプリの集客と変わらないでしょう。

今はまだあまりブログ中心でやる人はいないかもしれませんがこの記事を読んだあなたは無料ブログがすでに頭にちらついていますよね。ここでは詳しく書きませんが無料ブログならライブドアブログシーサーブログが良さそうです。はてなブログは意味不明のはてなキーワードへのリンクが大量につくのでやめておいたほうがいいです。

ヤフオクもリンクで誘導することが出来ます。サービス固有の検索アルゴにはもう付き合わない方がいいです。

 

一般ユーザー向けでなくなってしまったヤフオクですが自分で集客するなら関係ないでしょう。

 

このような道を出品者が歩けば最終的にはひとつの結論にたどり着きます。つまり

 

売れるところ(サービス、通販サイト)はどこでも良い

 

のです。なんでラクマがいいかはもうわかりますね。

どこで売れてもいいなら手数料が安い方がいいに決まっています。このことからラクマとブログをセットにして自分でネットショップのようにしてしまえばいいとわかるでしょう。もちろんそのネットショップのアクセスを増やすのは容易ではありませんが。(僕自身がその最中)

 

結局は、2つの道しかありません。一つには馬鹿げた変更や検索アルゴを受け入れつつ無限に在庫を増やしながらヤフオクやメルカリの戦略にのっかることです。大量の優良在庫を抱え多くの広告費が必要になることでしょう。この場合集客力のないラクマを使う理由はあまりありません。

 

もう一つの道は馬鹿げたアルゴに背を向け自分で集客することです。この場合突き詰めればラクマ以外使う理由はありません。(もっともヤフオクの集客力を完全に捨てなくても良いので存在意義がないわけではないです)

 

実際には自分で集客してラクマを使ったとしてもヤフオクの集客力を捨てる必要ないのでどちらもつかうわけですが。

Marvelous Deal(ネットショップ)

 

ネットショップを立ち上げるというと個人には難しいと思うかもしれません。しかしBASEを使えば簡単です。無料登録して決済方法を選んで送料設定するだけで誰でも簡単にネットショップを持てます。月額費用もかかりません。難点はデザインがシンプルなことですが有料テンプレートを買えば格好良くすることも出来ます。

さらにBASEでもBASEアプリ内部での集客が出来るようです。しかしこれを活用する気は僕はありません。それを使えば結局はヤフオクなどの仕組みに依存することと同じですから。BASE内部の仕組みで集客をしようとすればその都度BASE内のブログを書いて投稿することが出来ます。しかしそれでは結局その場限りの集客を繰り返す事になりますよね。

面倒なので僕は自分のブログだけに集中することにしました。自分のブログなら書いたら書いただけ記事が積み上がっていきます。このブログはまだ初めて2ヶ月ですが少し前に始めた別のブログでは1万PVに近いうちに届きそうです。ヤフオクやメルカリの集客に頼るのではなく自分でブログなどのメディアを持って集客することが良いと考えています。

 

僕はこれからネットでの販売を始める方にはブログ+BASE+ラクマという組み合わせをおすすめします。ブログを始める方は結構多いですよね。不用品処分ですらブログを持っているのと持っていないのでは大違いということです。逆に言えばすでにそこそこアクセスのあるブログを持っている方は非常に有利です。ヤフオクやフリマアプリに出品する感覚でBASEに出品してみると良いでしょう。もちろんラクマでもOKです。外部のメディアをもつことが大事なのです。

以上になります。
BASEに無料登録する

ヤフオクに6ヶ月無料(対象者限定)で無料登録する

仮想通貨は急落時こそチャンスです(売り推奨)

切りた立った崖のように崩れるその瞬間のショートのチャンスに備えてみては?

(一貫して売り推奨)注:投資判断は自己責任です。

 

コインチェックの件で分かる通り、仮想通貨をやるなら売りでも買いでも取引会社の信用リスクも重要です。出来るだけ複数の会社で、上場企業が運営していることが望ましいです。世界最大級のQUOINEXや東証一部のGMOインターネットグループの【GMOコイン】、東証二部上場企業が運営するビットポイントやジャスダック上場企業が運営するみんなのビットコイン株式会社が望ましいでしょう。非上場ですがビットトレードも国内FX大手のFXトレード・フィナンシャルの関連企業です。

 

 

ビットトレード


 

無料で投資を記録、分析するなら

投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】

今後スモールビジネスではホームページの活用は必須に

 

お店の紹介にはワードプレスでブログを作るのがおすすめです。
これから作る方には高速表示で評判のエックスサーバーでワードプレスブログを作るのがおすすめ。ドメインはスタードメインを使用しています。

 

ワードプレスとか難しくて無理…という方には

 

ホームページ作成サービス「グーペ」がおすすめ。

 

月額 1,000円(税抜)から誰でもホームページ作成が簡単に出来るグーペでライバルに差をつけましょう。

 

 

 

ヤフープレミアムが6ヶ月無料キャンペーンを実施中

 

こちらをクリックして6ヶ月無料のボタンが表示されればキャンペーン対象です。ヤフオクが6ヶ月無料で利用できるということなので出品したい方はお得に利用しましょう。

 

 

個人事業主やスモールビジネスはリスク分散しよう

 

メルカリに集中するリスクを書いた記事にもある通り、一つのサービスやアプリに依存するのは危険です。ラクマなど他のアプリも利用することがおすすめ。

ブログが身近になったように今後ますます個人がネットショップを持つのが当たり前になってきます。売れた時だけ手数料がかかる月額無料のBASEに出店してリスク分散しておきましょう。

Marvelous Deal(ネットショップ)

用量が一定までなら月額無料で利用できるイージーマイショップの無料プランもおすすめです。
こちらの出店も検討中です。

さらに本格的に展開するならカラーミーショップの30日間無料お試しを検討してみては?

ECサイトを構築するなら

他にも様々なサービスがあります。







無料の株アプリ

億トレーダーも週5で使う投資管理アプリ【マイトレード】

古着やPCパーツを出品しています

ヤフオクでウォッチリストに入れて下さいバナー

ヤフオク、ヤフーショッピング、モバオク、メルカリなどで古着,PCパーツ(小物類)を出品しています。

古着好きの方はこちら!

ヴィンテージやレトロなUSA古着、エドウィンやリーバイスのデニムを出品しています。

只今ネットショップオープンにつきクーポン配布中【 RPY5G9V6 】(カッコ内の文字列)を購入時入力すると割引されます。(1,000円以上10%オフ!3/末まで有効。ネットショップだけ有効なクーポンになります。)

Marvelous Deal(ネットショップ)

Marvelous Deal(ヤフオク)

Marvelous Deal(ヤフーショッピング)

 

USA古着のTシャツも出品しています。

Heavenly Hand(ネットショップ)

Heavenly Hand(新ラクマ)

Heavenly Hand(ラクマ)

Heavenly Hand(ヤフオク)

Heavenly Handのプロフィール(メルカリ)

PC改造や自作好きの方はこちら!

PCの自作や改造時に役立つ小物を出品しています。同梱無料なのでお得にゲットできます。

Interdimensional Exchange(ヤフオク)

記事が有益でしたらツイッターやFeedlyでフォローやSNSでシェアをしていただけると励みになります!

アロハシャツやデニムなどアメリカ古着を販売しています!

アロハシャツ、デニム、ツイードジャケット、ラルフローレンなどUSA古着を中心にネットショップで販売してます。よろしければ覗いて行って下さい。

通販カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。